スペースエンジニアリング株式会社

スペースエンジニアリング株式会社
地盤のひずみ・地すべりなどの調査や計測、あらゆる計測をトータルサポートいたします。
092-596-6348
メールでのお問い合わせ

計測事例

後付け荷重計
既設アンカーの残存緊張力を確認する方法としては、リフトオフ試験とアンカー荷重計によるのが一般的です。連続的に残存緊張力を計測するにはアンカー荷重計によるほかありません。
建設時にアンカー荷重計を設置してない場合は後から荷重計を既設アンカーに取り付けます。
当社ではテンドンの種類を問わず、しかもクレーンを使用することなく後付け荷重計を設置しています。

アンカー荷重計 データロガーの設置例

F50UAにKCE-500KNAを設置する
旧VSL E5-7にKCK-1MNAを設置する
KTB K5-7に荷重計(カンリくん)を設置する。
KTB K5-5に荷重計を設置して、半自動計測化する。

F110TAにKCK-1MNAを設置

既設のF110TAアンカーに1000kNクラスのセンターホール荷重計を設置します。クレーンを使用しないで人力にて行うことが可能です。